tannenbaum居眠り日記💤

シロート観戦者による、おもに自転車(おもにシクロクロス)関連のすみっこネタブログです。

ハモンド先生、噴火(TOB第5ステージ:レースしないならゴールスプリントもするな)


fumingっていうのは頭から蒸気を発して怒るっていう意味ですかね。。。
(関連)
http://d.hatena.ne.jp/tannenbaum/20060903#p2
GBチームのハモンドTOBの第5ステージは自分のところの若いモン(Ben Swift)が大陸チームの選手たちに囲まれ逃げから引き戻されて(実際にサドルをつかまれ)カンカンだったようですね。ビッグチームの態度に新しい雇用主ともくされるTモバも含めて非難ごうごうだったようです。

レースしないっていうのを数の論理で決めるのはしょうがないけれど、あのやり方には承服できない。

ということだったようで。(ハウスが激怒してたのと同じですな)

レースしないと決めたら、最後のスプリントも争わないのが筋だろう

  • ただし、ボーネンは最後スプリントしようとするチームメイトを叫んで止めようとしていたらしく、レース後ロジャーが「どういうことだ」と問うたところ、黙って恥じていた風のボーネンについては「彼は良心があった」としてるようです。

これはわれわれのレースだ。ブリティッシュベースのチームたちは皆戦いたかったんだ。このレースは6日しかなくて、その1日を失うっていうのは大きいことなんだ

かれらにとっちゃ単にアレンジの悪いレースだったんだろうけど、こっちは英国のサイクリングについて考えてるんだ

・・・もっとほかにも個人名だして非難ごーごーしてるので、ネタ元掲載は避けます(苦笑)
・・・ウチの子(Swift)になにするの!と噛み付くアヒルのおかーさんのようなところはほほえましいです。
・・・あんまり噛み付きずぎると損するんじゃと心配←ビッグチームにいくんでしょ
・・・普段のインタビューも早口なので、もっと早回しでまくし立てたんだろうなー。

  • で、結局そんなすったもんだの末翌日はどかーんと勝利したボーネン、及ばすのハモンド。嗚呼これがレース人生。

しかし、もしジャパンカップでこのようなことが生じたらこんなふうに言う選手いるだろうか。福島晋一選手とか?

広告を非表示にする