tannenbaum居眠り日記💤

シロート観戦者による、おもに自転車(おもにシクロクロス)関連のすみっこネタブログです。

カシェ(チ)キンの記事@Procycling2005年9月号


(カシェキンのほうがおちつくのでこっちにします:いまのところ。笑)
去年の雑誌に載っていた記事が目に付いた。"カザフの製造ラインから出荷されたばかりのスター”。

  • 「体重をもうちょっと減らせば将来のツールのトップ5に」パトリック・ルフェーブル(クイックステップ監督)
  • 「トレーニング時にしばしば私を苦しめる」ヴィノクロフ
  • 「唯一の欠点は、一生懸命走りすぎること」ボビー・ジューリック(ご近所在住のトレーニング仲間)
  • 「家の向こうにみえる工場を指差して、自転車でモノにならければ、自分はああいうところで人生が終わる、とよく漏らしていた。」「いつも規律正しく、非常に集中力があった」ジャック・トイニッセン(ベルギーでアマチュア時代のカシェキンが所属していたチームの所有者で、カシェキンを自宅に下宿させていた人物)

カザフ出身の選手は労働者階級がほとんどだそうで、カシェキンも例外ではなかったようで。彼はアマチュアレースを走りながら通信教育でカザフの教育課程を終え、フランスの古典文学への興味を深めたとか。
・・この記事には色あせたような色彩の非常ーに地味くさいというか、泣きそうな表情のカシェキンの顔写真が。
・・でもジューリックとお隣さんどうしという彼の住まいは、コート・ダジュールだそうで。イメージあわない(笑。←でもたんに温暖だからという理由だけだったりして)

    • トイニッセン氏の自宅には、カシェキンと同じ麦わら色の髪の毛と青い目をした18歳の若者が新しく下宿をはじめたとか、カシェキンの弟、Olegだそうです。
広告を非表示にする