tannenbaum居眠り日記💤

シロート観戦者による、おもに自転車(おもにシクロクロス)関連のすみっこネタブログです。

ミラノ〜サンレモ 2007 おわりました


生放送中、レースに集中できない環境にあり、あとで見直してみたいと思いますが。
とりあえず。

  • 怪我のシーンが多すぎで、夫が「もう見るのよそうよ、痛いよこれ」とリタイア。100回もやっているレースで皆知っているはずなのに、路面状況が悪かったのですね。。
  • ミルコ・チェレスティーノが途中までよい感じで逃げ、お膳だてはちゃんと。
  • 最終局面、あそこまで素敵に先頭に何枚か残っていたミルラムトレイン、あれで勝てないと辛いよねえ。と不安な気持ちになったのでした。
  • なので、みるみるとミルラムブルーがほかの色に飲み込まれていっても、運命を受け容れるような気持ちでした。
  • 最後から二枚目のヴェーロが切り離されながら腕を斜め下に広げてなにかやってましたが、「ぺ様がんばってねえ」というだけではないのでしょうか。。
  • 実況陣が「ツァベルで勝負してれば・・」と何度かいううちに悔しさがこみ上げてきました。そういう発想はもうあんまりしていなかったので。あとツァベルは1回しかこのレースを走らないのだ、と気づきがっくり。喉がいたかったのに、あそこまでよくやったよ。。
  • しかし、ポポビッチの何度もアタックかける気合と、リッコとジルベールの元気な逃げに、これはこのままいくかも?と思いましたけどねえ。。
  • フレイレはスプリントのときは鬼神のよう、勝利ポーズはいつも不細工な顔で、その後ほにゃほにゃになるのが好対照(笑)

とりあえず、明日ゆっくり展開などを追ってみようと思います(笑)

広告を非表示にする