tannenbaum居眠り日記💤

シロート観戦者による、おもに自転車(おもにシクロクロス)関連のすみっこネタブログです。

エヴァンスとサストレ


あー今年のツールもおわっちゃうー、また誰かが連覇するような時代がくるとしたら、今は過渡期なのかもしれない。。
でもこれまで比較的地味な立場でずっと努力してきた選手たちが主役になって僅差の戦いを繰り広げたというのは、見ごたえがあって、個人的には好みな展開。次世代のパワーが席巻する前に、彼らにチャンスが来たのはよかった。

========================


エヴァンスが勝つだろう、といわれていて、本人も王者らしい態度と風格が備わってきていた。その裏返しにはすごいプレッシャーがあったんだろうに、あと一歩に終わってしまったのはほんとうに気の毒だった。

=======================

でもサストレも私はいつかグランツールで報われてほしいと思っていた。2006年にはグランツール全部走ったり、バッソをよくアシストしたかと思うと自分でもコンスタントな成績を残していた。ブエルタなんかよく2位になってたような。。

  • 彼を最初に認識したのは私のツール元年2003におしゃぶりゴールでステージ優勝した、今よりもうすこし顔が丸くて黒い巻き毛がかわいらしかった彼をみたとき。
  • 頑固者なイメージがあって、映画Overcomingの2004年ツールではリース監督は彼にあれこれ要求するけど彼もなかなか素直に反応しなかったり、簡単な道のりではなかったようだった(あの映画はバッソの成長ぶりをメインにしているようで、じつはリースとサストレの葛藤のものがたりのような気がした)。
    • あのときバッソのためにアシストすることに吹っ切れたように見えたサストレは06年までは彼のアシストとして、その後は自分のためにグランツールをはしってきたけど、いつも上位なのにいつももう一歩だった。
  • あ、実は彼の走る後姿が美しいと言うのもポイントだったりするのですが(苦笑)

=======================

  • とかなんとかいって、終盤の総合狙いの中ではヴァンデベルデをひそかに応援していたのですが、長いアシスト生活から、ようやくエースとしてめざめてきたようですし、また頑張ってほしいものです。
広告を非表示にする