tannenbaum居眠り日記💤

シロート観戦者による、おもに自転車(おもにシクロクロス)関連のすみっこネタブログです。

Bandiera, 周囲の見える男(Japan Cupにて)


今、出来の悪い写真の山を見返し中。ズームレンズだと選手たちが自分寄りに走ってきたときにぼけぼけになるな。。特に道幅の狭い赤川ダムの脇はズームレンズだと壊滅的だった。。

その中でなんだかレース中に視線が他人と違う方向を見ている選手が。Francesco Gavazzi、ランプレの選手で、昨年ジャパンカップ3位、今年も5位に入った強力な選手ですが。(後記)←とおもったらMarco Bandiera みたい。↑の写真は序盤の鶴ののぼりなので、ひとり違うところをみていてもまあいいとして。

(たぶん9周回目)なんかまだ視線が沿道のほうをみているような。。

(たぶん10周回目)直後の選手、きつそうですが、ブログの画面でよくわかるかどうか、、まだなんかガヴアッツィバンディエラは沿道(この写真とったときは、ちょうどがめんださんの横断幕のところに居た)に目線が行っているような。。ラスト2周、山頂近くのあの厳しーい斜度のところでこの余裕に、感服しました。廻りの選手きつそうな人ぞろいなのに、涼しい顔なのはすごい。
Marco Bandiera - Wikipedia, the free encyclopedia(後記:バンディエラwiki。)彼はマンガ好きなのか、それとも日本がめずらしくてしょうがなかったのか(苦笑)

Francesco Gavazzi - Wikipedia最初バンディエラと間違えたガヴァッツィは今年のジロではステージ10位以内も2度。まさか5位入賞の選手が最終2周回目をそらして走ったりはしないか(苦笑)

補給中。

広告を非表示にする