tannenbaum居眠り日記💤

シロート観戦者による、おもに自転車(おもにシクロクロス)関連のすみっこネタブログです。

ニコラ・ロッシュ(若者)とジェレミー・ハント(ベテラン)


ブライアン・スミスが来年台頭しそうなクリーンな若者である、とお勧めの選手だったのと、英CS誌に記事がでていたのでちょっと読んでみましたが、

  • ブエルタで総合13位になったニコラ・ロッシュ(ツールを勝ったアイルランド人名選手ステファン・ロッシュの息子、クレディ・アグリコルAg2rに移籍する)は、父と同じナーバスな早口と皮肉なユーモアセンスを備えているが、父と違ってかなりいらつきやすい性格。自分で自分のことをストレスの多い人間だからと言う。
  • ブエルタで彼の総合順位を引き上げたがステージ優勝を逃したLas Rozasのステージ。チームメイトをそれぞれ伴っていい形で逃げを成功させたロッシュとケスデパーニュのErvitiだが、スプリントで優位のはずのロッシュのほうが早く飛び出してしまい、結局ステージ勝利を僅差で逃した。今シーズンそのような2位が何度もあったのだとか。
  • ベテランのジェレミー・ハントは正反対にとてもゆったりした性格で、レースの間じゅう付き添って、レースを走るほどに興奮しそうになるニコラ・ロッシュを落ち着かせる役目を果たしていたらしい。二人はレース外でも長時間語り合うほど仲が良いのだとか。彼は経験があって、何でも知ってるのさ、というニコラ・ロッシュのハント評のところには、ハントの、酸いも甘いも噛みわけたふうの写真が(笑)
  • こういう若者とベテランの関係はときどきあるのですねー。来年はロッシュがAg2r,ハントがサーヴェロですが、ロッシュがまたなだめ役のチームメイトをみつけるのか、自分でなんとか気持ちをおさめるすべを身につけるのか、気になるとことです。。
  • タイムトライアルはまあ得意で、スプリントもできるし登れるけどスプリンターでもクライマーでもない。どれもこなせるけど、どれも特に輝かしいほどではない、と自覚。でも経験が浅いにしてはブエルタ総合20位は上出来。
  • 父は自分のレース全部は追ってないみたいだけど、ブエルタのTTで13位を確保したときはお祝いの電話をくれた。友達から自分のリザルトの情報をもらってるみたいだ。。なのだそうです。あんまりべったり息子を応援してないのですね。
  • カンヌに住み、スピード狂(2人乗りのスポーツカー好き、バイクも)、買い物常習癖のファッション中毒で、インテリアデザイン、料理、読書が好きな派手なライフスタイルみたい。。お父さん結構彼を甘やかしたのかな。。というかまあ、お父さんの名前がさぞプレッシャーだったろうけど、なんというか恵まれた環境&二世プレッシャーにもかかわらずナーバスさが逆にパワーになってるような彼の今後が面白いような気もします。。
  • 別府フミも彼と同じVC La Pomme in Marseille出身でしたね。。

http://www.nicolasroche.com/nico/index.php?option=com_content&task=view&id=35&Itemid=41彼のHP、写真ギャラリーを見るとやっぱりちょっとカッコツケてはりますな。。HPはフランス語なんですね。お母さんはフランス人。

============
もともと気になる存在だったハントですが、サーヴェロでまたいいかんじで若者をリラックスさせてあげるのでしょうか。。ハントは英国籍だけど生まれはカナダだし、カナダ人スプリンターのドミニク・ローランとか加入するし(彼はまた、ロッシュみたいにHPがフランス語だったような。カナダでもフランス語圏の人)

広告を非表示にする