tannenbaum居眠り日記💤

シロート観戦者による、おもに自転車(おもにシクロクロス)関連のすみっこネタブログです。

目に青葉

おそろしい人波をくぐりぬけるとそこは目がすーっとするような緑の世界。


 
 
京都も観光スポットは人が多いけれど、鎌倉よりは分散されているな。。

                                      • -

二条の駅の近く千本通りから堀川通りまでの三条商店会というアーケード街は古い店と今風のセンスのお店が渾然としていて面白かった。お茶をするところが新旧とりまぜ充実していた。

  • イートインのコーナーにPatagoniaのステッカーを貼ったたこ焼き屋さんも私の原点の「とろとろ」な味で、予想以上においしかった。関東のたこやきは硬すぎ、と常日頃訴えていた私のいいたいことが夫にも分かったようだ。
  • 若くてこだわりのオシャレな職人さんという感じの若い人が靴の修理屋さんをやっていて魅惑の空間だった(外からみただけ)。普通のおばさんが靴をもちこんでいた。
  • いわゆる、町屋カフェっていうんでしょうか。にはいったら着物を着た外国人の男性が奥の庭で茶道入門講座みたいなのをしていた。夫が「ふうん、外人にお茶を習うのかー」とわりと大声でいうので身が縮まる思いをしたけど、かんじのいい空間だった。小僧の頼んたアイスティーに大正時代の金属のストロー(マドラーと一体)が添えられてきて小僧はずっとそれで楽しんでいた(笛にしたりとか。。)
  • 800mくらいの間に自転車店が3軒もあった。というか、アーケードの中は割合道が広いんだけど、自転車が多数爆走しすぎで怖い。実際転んでる自転車を目撃した。もっとゆっくり走ろうよ。。(京都のタクシー運転手がスピード出すことを考えるとまあ分かるような気もする)