tannenbaum居眠り日記💤

シロート観戦者による、おもに自転車(おもにシクロクロス)関連のすみっこネタブログです。

代行

家族で休暇を高原ですごす予定の上司が私の席のところにやってきて、「頼みたいことがある」という。彼の代わりに業務上私ができることなんてない。

  • 依頼は、彼のデスクに、日ごろからめでている植物の鉢があるのだけど、不在中(週末入れてたった5日)乾いていたら水をやってほしいというもの。「枯れても怒らないとおっしゃるなら、やります」と引き受けた。
  • 2日間隔ぐらいでいつも水遣りしている、といっていたが月曜日はまだ湿っていた。たぶん週末上司が大目に水をやってから出かけたのだろう。
  • 火曜日、なんか乾いている。指でぐっと押すとまだ乾ききってないので、このタイミングで水遣りするのはあまり好きではないけど、オフィスの乾燥した環境と、植物もシダだし、葉っぱの先がちりちりになったりしたら顔向けできないので、美しい染付けの器におましますそれそれの根元めがけて紙コップでくんだ水で丁寧にお水をかけて差し上げましたよ。
  • そして休暇明け。新しく小さい白い花がシダの間の観賞用植物から可愛く咲いているのを喜んだ上司は私にお土産の「らっきょう」を一袋くださいました。
  • たったそれだけのお世話だったけど、緊張した。その上司はかねてから部下(私)のことを「これは、ケアレスミスということですね?」と叱責しながらも手はその葉っぱをよしよしと可愛がっていたりしてるのを見ていたので。。
  • もう今は預かってた他家の赤ん坊を親御さんに返したみたいにほっとしている。こんどからこの上司に植物の世話ネタを話すのは世話が得意と誤解されるから、控えようと思った。