tannenbaum居眠り日記💤

シロート観戦者による、おもに自転車(おもにシクロクロス)関連のすみっこネタブログです。

手仕事の日本【その3】カチューシャてぬぐい

ちゃんと伝統的な手ぬぐいを特注されたのですよね。センスいいです。

というかこれをオーバースカートのように着用していた女性、抜群にスタイルよかったです。(私だと腰に巻くには長さが足りない。。orz)
=====================
【話かわって:てぬぐいを選手にプレゼントするにあたり気になっていたこと】
私は日本の伝統手ぬぐいが大好きです。
よって、手ごろでかさばらないお土産として、いままで何人もの外国人選手(日本人選手にも)にてぬぐいをプレゼントして、外国人にあげるときには余裕があると:

    • 「これは伝統的な日本の染色法にて染められたものである。みると表と裏が同じに刷れているであろう」
    • 「最初の3−5回程度は色落ちの心配があるので他と分けて洗濯するように」
    • 「用途は限定がない。ボトルを包んでもよいし、キッチンタオルにしても首にまいてもバンダナでもよい」
    • 「端始末がされていない(三つ折に縫われていない)のは日本の湿気の多い気候において速やかに乾くためである」
    • 「端のほつれは、洗濯を繰り返しているうちに落ち着いて糸がでなくなるので安心されたい」

というのをくどくどと説明してきたが、たいていはあまりそんな余裕もなく、もしかしてツァベル家の洗濯機で、白いシャツに色移りして猛夫人の怒りを買ったりしなかったかとか(ハモンドにはメモをつけたから大丈夫)プジョルには説明しようとしたけど広報のフランス人さんをまじえてうさぎの話に移行したので本人覚えているか。。(プジョルがあの紺のうさぎの手ぬぐいを白シャツと一緒に初回から洗濯しませんように。。。南無南無)ブルセギンにあげたときは、、たぶんメモをつけたと思うけど、私の英語で判ったかどうか。。

  • 手ぬぐいメーカーさんには外人に渡すとき用の各国語版の手ぬぐい取り扱い説明書リーフレット(かわいらしい利用実例図含む)を配布していただきたいです。え、どこかにある?もしそうでしたら、よろしければどなたか教えていただきたいです。
  • え、自分で作れって??無理ー。
広告を非表示にする