tannenbaum居眠り日記💤

シロート観戦者による、おもに自転車(おもにシクロクロス)関連のすみっこネタブログです。

ODAIBA CYCLE FESTIVAL 湾岸クリテリウム(1日目)いってきました


タイムトライアルを制した佐々木龍選手(早稲田大)。2位今井一誠選手(早稲田大)と笑顔を交わす。3位小森裕選手。このとき日差しが全開で、日向に立っているだけで危険なほどの暑さ。でもみんな明るい!白戸さんの実況、とても聞きやすかったです。

ブースがいろいろあった。コルナゴのクロモリ。

新城選手の実車。必勝バイク。

new balanceのブースにガーミンのダニエルソン。ダニーちゃんこんにちは!

エアロアズールのブースには犬用ジャージも!そういえばレース&犬の撮影テーマ、忘れてた!黒い大型犬ですごくお利口さんが居たのに、撮らせてもらえばよかった。。この時間帯、あまりに暑くて頭がほとんど動いていませんでした。

あと、自転車で扇風機+ミスト発生器を回したり、カキ氷を作って自分で食べたりできるコーナーなどがあって、かき氷は、「お台場合衆国」に来ていた一般の子供連れらしき人々が長蛇の列を成していた。

競輪の新田選手でしょうか?子供とシャボン玉発生競争?をしていてなごやかな雰囲気、ガールズケイリンの皆さんもチャーミングでした。
==============================

エリートクリテリウムのスタート前。手前、片山右京さんスタートリストACQUA TAMAの方視線ありがとうございます(?)

何かを気にする?山本雅道選手。

最終打ち合わせでしょうか、廣瀬、辻選手

ユニバーシアード代表チーム。笑顔が目立っていた吉田選手(下馬評本命とのお友達情報)

スプリンター辻選手も優勝候補。エリートのクリテのときは曇っていたのだけど、時折日差しが。しかしこの東京ど真ん中お台場の景色と、自転車レース。いいですねぇ

ラバネロのバイクは白にロゴが金!最初すごくペースが速くてびっくりしました。逃げが形成されて展開が安定するまですごくきつそうだった。


うねうねとうねって走り去る集団を見る。カッコイイ構図です。

緑の中を走ってくる爽やかさ。ベルマーレのジャージも映えます

小さなシャンゼリゼ的なところもある、という前情報もあったらしいですが、こんなあたりでしょうか?長い直線、煙るような遠くから、だんだん迫ってくる。

逃げ集団を花ごしに撮影してみました

サングラスしていない目つきが鋭くて目だってました吉田選手。この黄色のゲートの向こうには「お台場合衆国」のチケット売り場があったので、コアな自転車ファン以外の人々が「何、なに?」と見ていたのではないでしょうか。

フジテレビ社屋を背負った自転車レース。という構図。大井埠頭の倉庫じゃないよ!(笑)しかし廣瀬選手よく引いてました。面長なイケメンぶりがヒンカピーのよう?

2位になったラバネロの大久保陣選手@細身甘いマスクさん 検索すると関西シクロクロスも出場していた

レース佳境ですが、東京都の鳥「ゆりかもめ」のゆるキャラ「ゆりーと」は肝心なときに子供たちがぐずらないようにサービス全開。後ろに通風孔があったけど、暑かっただろう。ちなみにこの頃にはブリッツェンのマスコット「ライトくん」はレースへの思い入れ激しく素でかぶりつきで観戦(笑)

ユニバーシアードチーム、必勝の引き。きつそう・・ラスト2周回目あたり?で有力スプリンターたちの落車があって、吉田選手ますます必勝の運びとなる

最終周回に入ったところで、TTで優勝した佐々木龍選手の飛び出し。すごい勢いでかっこよかったです。お父さんに買ってもらったというサーヴェロが輝く。結局吸収されたのですが、解説の栗村さんが今年のツールシャンゼリゼで、カヴを擁するHTCもチームメイトのバクが終盤アタックしていたというのを引き合いに出していたのはこの時だったでしょうか・?


=====(最後の最後で、カード容量がちょうどなくなりました。。ゴールシーンは心のシャッターを切りました。orz)=======

http://jicf.sakura.ne.jp/sblo_files/jicf-rcs/image/rcs4_wangancrite_day1_result_20110730.pdf

1 吉田 隼人 日本学生代表 0:34'33'' 41.66
2 大久保 陣 パールイズミ・スミタ・ラバネロ 
3 小室 雅成 湘南ベルマーレ


ゆりーと君は体育振興のマスコットでありながら、足元は補助者がいないと不如意だそうです(笑)

表彰式、優勝した吉田選手は「チームメイトのアシスト」に感謝、視線の先には仲間たちが。

大変楽しゅうございました。また是非開催お願いします!

広告を非表示にする