tannenbaum居眠り日記💤

シロート観戦者による、おもに自転車(おもにシクロクロス)関連のすみっこネタブログです。

Superprestige 2011-12開幕戦Ruddervoorde

(シーズンが本格的に始まりテンションがおかしいかもしれませんので、ご容赦ください)

↑ネイスの子か!3人に増殖したほかのランドバウクレジット選手の子か!

Superprestige Ruddervoorde 2011: Elite Men Results | Cyclingnews.com

  • 最初は「ローディーたちの見せ場」(byCN)、FDJのスティーブ・シャイネルが突っ走ってましたが、嫌味なまでに長い砂地セクションで担がなきゃいけない人は前のほうの選手の中では彼だけでしたね。。じきに消耗してしまっていたのでしょうか。でも盛り上げてくれました!あんなに四角い人だったっけ。。その次はStybarが一時前をひた走ってました。
  • 下ってすぐに狭苦しいヘアピンカーブとか、有力選手ですらチェーン落ちや脚がとまってしまう急坂とか、意地悪ムードの漂う素敵コース。
  • トム君(Meeusen) とワルスレーベン(一瞬世界チャンプと紛らわしいドイツチャンプジャージ)は中切れを引き起こしていた。こらーーっ。
  • 恐ろしい子」として私の中で育成選手入りしているトム君は先日のレースもジャージの前をひらひら開けて、しんどそうにもがくように走っていたけど、去年までは涼しげに、上手なのを見せ付けるように走ってた記憶が。まだ暑いから?パウエルスがいなくなってプレッシャーで余裕がない?(下の写真では、Stybarの後ろにいる)
  • 米国で旋風を巻き起こしたワレンスもいまいち。トム君と固まって10位くらい?のトホホな感じの位置で。。

  • 調子はベストじゃないといっていたStybarの見た目がなんだか変っている。。なんといっていいのか、胴体はちゃんと引き締まっているように見えるが、太ももの表面に筋肉の筋がみえず、ぷるんとしていて、頬もなめらかに丸い。太ったのかどうかは某過去のドイツ人名物ロード選手ほどあからさまでないので確信が持てないが、「身体のつくりを変えた」ということなのか、調整不足なのかはわからない。私は彼の太ももに現れる筋肉のスジが好きだったのかもしれない。。寂しい(そんなことで決別かよ。。)
  • しかし、前半からアタックして差をつけるというのは彼のいつものスタイルですよね、けっこうな段差を滑らかに降りないで超えるところなんかは見せてくれました。

  • パウエルス・・・貴方どうしたんですか。。。姿が見えませんでしたよ・・・引き抜いたサンウェブの幹部もがっかりでしょうね。。。あとちょっと痩せすぎではないでしょうか。。orz(13位)

  • パウエルスが目立たなくても、いつもコンスタントに途中でアタックしてみせてくれる身体とムードが大きいクラース・ファントロノウトさん大好きです。

  • それよりも昨日ハラハラして途中まで一番応援していたのは、バルト・アルノウツ、小柄なあごの人。普段はレース途中、アタックでバーンとレースを盛り上げてくれるんだけれども、昨日はひたひたひたとStybarに取り付いたあと、確実な走りで暫く独走!きゃー!!がんばれ、と思ったのですが、グループで迫る有力勢にはかなわなかったですかねえ。

  • で、大御所から批判を浴びたことで注目のアルベルト。のぼりで脚が止まってしまったときにかんしゃく起こしてバイクを地面にだんだんと打ち付けていたときは(07年のカヴかよ。。)と思いました。(太った人はウルリッヒと呼びます)途中CMでパンツ1丁→ベルギーチャンプジャージのボディペイント(トホホ風味)を見たせいか、かっこよく後ろから上がってきても「それ、着てるんだよね?塗ってるんじゃないね?」と突っ込んでしまってすみません。前に上がってからは大変粘り強い走りで、アルノウツを振り落としてからはいつもの独走アルちゃんでかっこよかったです。物足りないという向きは、彼のなんかつかみどころのない甘い風貌なんかが邪魔してるのでは?という気もする。数年前までは私も物足りないと思ってました。
  • ナミナミになったセクションでStybarが空中に飛んでる間に傾いた体制立て直すシーンはシクロクロスではあまり見られないのではないでしょうか?高く飛ぶのは彼好きみたいですよね。

  • Nysっさん。また今年もチェーン落ちですよ!シマノさん担当者さん改善お願いします!でもかなりロスしたのにいつのまにか前方に戻ったのは感心。しかしまだ例の胸を突かれるような炸裂走りはみられなかった。前方に戻ってもなんだか増殖したほかの緑のランドバウジャージの人(Sven ヴァントロノウトか、台頭してきたVincent Baestaensかどっちか)に引いてもらってたかのようにも見えた。最終周回あたりの砂地の乗りこなしぶりが鋭くてちょっとキラキラしてた。
  • レース中にピットのところにいる年長者たちをインタビューするのですが、あれは監督さんたちですか?おじいさんから、かっこいい中年さんたち。CXの過去の名選手たちについて知識があれば、よだれもののひと時なんでしょうか。
  • Albertが勝利したらまってましたとばかりに電話でAlbert批判をした例のDe Vlaminck御大に生インタビューするところがまるでジロでなにか揉め事があったときのRAIのレース後スタジオ公開裁判番組のようで(笑)なんていってたかはわからないですけど、De VlaminckはしばらくAlbertが勝つたびにコメントをする羽目になるのかな


くもり空。

広告を非表示にする