tannenbaum居眠り日記💤

シロート観戦者による、おもに自転車(おもにシクロクロス)関連のすみっこネタブログです。

シンクロニシティと窪木一茂選手

シンクロニシティ - WikipediaWikiの「シンクロニシティ」の説明、よくわかりませんが(苦笑)

特定の人の話が立て続けに違うところで話題になったり、偶然が重なってその人としょっちゅう遭遇することってありますよね。最近それがあったのが窪木選手、現マトリックスパワータグ所属(7月から加入)
先日お台場のダイバーシティで行われた湾岸クリテリウム(Jプロツアー第11戦)。
DSC_0102

  • 逃げメンバーは途中入れ替わりがあったが、ずっと加わっていたのがマトリックスの窪木選手。

DSC_0104

  • 彼をはっきり認識したのは、先頭でカーヴを曲がったあと、むっとした表情でちょっと脚をゆるめて私が撮影しているフェンス寄りに近づいてきたので「??」と思ったらほかの逃げメンバーのほうを振り向き「もっとひけ」的な発言をしていた(若いけど、強気ー)結局、逃げは吸収されたが終始積極的にポイント取り続け、最後も7位に残ったのが印象に残った。
  • その翌週、某さんとお話しした時に「窪木選手ががんばっていた」といったら「窪木か。強い。特にポイントレースが強い選手だな。まだ若いはず」というコメントが。そういえば昨年全日本トラックで名前を何度も聞いた選手がマトリックスに加入していたのか。
  • で、トラック全日本。私は二日目だけ現地観戦したが、一日目の個人追い抜き(橋本選手が日本新をマーク)で窪木選手の名前が現地からのツイートで上がっていて、かなりいいタイム。おっ。と思わず感心する。

以下高木カメラマンのツイート。

さて翌日、伊豆ヴェロドローム。今日はポイントレースと団抜きとスクラッチが楽しみ♪と出かけた。
DSC_5740

DSC_5810
みる間にポイントを重ねていってトップに。あとは2位以下と差がつく一方。
DSC_5794

DSC_5838

  • 全員に疲れの見えてきた終盤も、まだ余力があるような。チームメイトのベテラン向川選手もタフだった。

DSC_5852

  • はい、強かったです。

DSC_5827
DSC_6076
DSC_6081
で、帰宅後のツイートでまた窪木ネタが(笑)

  • 橋川ヨーコさんは福島時代、高校生の窪木選手を知っているとかで、今回の全日本でもウォッチしていた模様。
  • さらに、高木カメラマン。現地でお話させていただいた時も窪木選手に注目しているようなコメントを聞きましたが、その後写真をみてさらにコメントが。

DSC_5800

  • なるほどー、プロの写真になると、撮った写真にパワーメーターの数字が見えんだ!と感心して検証しましたが、私の写真では、「サドルの下にSRMの表示盤がぶらさがってる」ぐらいしか見えませんでした(苦笑)

DSC_2050

  • 今見直したらトラックパーティーで西谷選手とマディソンで組んで3位になっていたし、スクラッチにもでていね。

ミュゼのカウンセリング
・・ともかく、公務員の仕事に就きながらの練習は大変でしょうが今後もがんばっていただきたいですね。
=======================================
【参照】
前田佳代乃が500m5連覇、スプリント4連覇 ポイントは窪木一茂が圧倒 | cyclowired
http://team-matrix.jp/team_top/member/kuboki
「ハングリーに生きたい」KAZUSHIGE KUBOKI
Kazushige KubokiCycling Archivesにも掲載されている。

=======================================
【余談】
先日仕事中にThe Policeの"Synchronicity I"(最初に出た方の曲)が頭を駆け巡って離れなくなった。帰宅途中、スマホYouTube検索して何度も聞いたのも最近の話。これもシンクロニシティか(こじつけ)

広告を非表示にする