読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tannenbaum居眠り日記💤

シロート観戦者による、おもに自転車(おもにシクロクロス)関連のすみっこネタブログです。

Soudal classics Leuvenは日曜日(今年はビッグネームの欠席者なし?)

今度の日曜日は、Soudal Classicシリーズ(去年までFidea Cyclocross Classic)のレースがLouvenで開催される。

  • LeuvenといえばBrabantse Pijl(ブラバントの矢)という春に開催されるロードのワンデーレースのスタート地点(2011年に春クラシック現地観戦を計画していたときはこれを見に行く予定だったが、旅行は中止に)。Brabantse Pijl - Wikipedia
  • あとLeuvenといえば世界的に有名なLeuven大学がある学生の街でもあるらしい。うちの職場にもLeuven大学に留学していた人がいる。その人のいた法学部は英語による授業だったとか(それだけ、各国から留学生が集まるということらしい)。

昨年のレースの模様を沿道から撮影した動画。↓

日差しがとても傾いていて、空はいかにもな感じで重く垂れ込め、寒々しい木立の間のレース。昨年はここは年末に開催されたのかな。沿道の観客数はSuperprestige等と比べると少ないが、それでも軽食スタンドや巨大テントはある。屋外がかなり寒そうなのでテントの中は満員だったりして。。
Race Preview: Soudal Classic Leuven - Cyclocross Magazine - Cyclocross News, Races, Bikes, Photos, Videos←今年のレースプレビュー(CX Magazine)

  • 昨年このレースでは有力選手がこぞって欠場(Niels Albert, Kevin Pauwels, Klaas Vantornout and Tom Meeusen)追いすがるPeetersを振り切ったNysの独壇場だったらしい。
  • 先日ルーベのレースが終了後Nysは、こういう比較的小規模なレースへの支援の必要性についてコメントしたらしい。
  • このようなレースにおいては、ビッグネームの参加が売り物になっているからこそ多くの観客が来場するんだ。そういう選手たちを目当てに来場した観客はビッグネームの欠場にがっかりし、このようなレースに足を運ばなくなるだろう。自分はそういうこと気にしなくなったけれども、若い選手たちは気にするだろう。
  • シーズン前に選手たちは出場予定レースすべてと事前契約を結び、レースのポスターに有名選手の写真が使われる。が、疲労を理由にスキップしたりするんだ。
  • 自分はオーガナイザーたちと一旦契約したら出場することにしている。
  • Nysの「説教」のおかげかどうか、今年はビッグネーム達(Nys, Albert, Pauwels, Vanthourenhout, Van der Haar, Peeters, Meeusen, Wellens)は予定通り走ることになっているとのこと。
  • 以前シーズン途中でフランスのワールドカップをスキップしてマヨルカにトレーニングにいったStybarに非常に厳しいコメントをしたのもNys.彼は1シーズン連戦が続いても出場し続けるべきといつも言っている。

====================

  • グランドスラムといわれるうちの一つGVAトロフィーも今年からメインスポンサーがbPost Bankに変わり、Fidea ClassicもSoudal Classicに変わった。チームもそうだが、レースへの資金提供も不安定になっているかもしれないご時世に、売り物となっているビッグネームは極力シーズン前の契約どおり出場したほうが確かに状況は安定するかもしれない。
  • が、毎週末(ときには週半ばにも)開催されるすべてのレースに出るのは本当に過酷ですねえ。。
  • Soudal Classicsのシリーズは以下のレースからなる。これまで、Nys、Albert, Peuwelsの3強が1勝ずつ。

Soudal GP Neerpelt (29/9) ←Nys勝利
de jaarmarktcross in Niel (10/11)←Albert勝利
de Scheldecross in Antwerpen (8/12)←Pauwels勝利
de cyclocross in Leuven (16/12)←明日
de UCI wereldbekercross in Namen (23/12)

広告を非表示にする