tannenbaum居眠り日記💤

シロート観戦者による、おもに自転車(おもにシクロクロス)関連のすみっこネタブログです。

若き優勝候補、Lars van der Haar 「Nysはパンドラの箱を持つがボクの箱はまだ小さい」

やっぱりこの人を世界選前に取り上げておきたいですよね〜。Lars van der Haar。ジャックラッセルテリアの異名を持つ小柄で若いオランダ人。

カワイイ。。エリートに上がってまだ2年なのにもう世界選優勝候補ですよ。とんでもないスーパーな若者です。
DSC_0141

  • これがジャックラッセルテリア。日本でも今人気の犬種ですよね。元気なわんこ。
  • ファンデルハールのファイトあふれる積極的な走り、きびきびした身のこなしは本当にジャックラッセルテリアですね。あと、根性を感じさせるのもいいですね。

  • スタート時に非常に低い姿勢で構え、そのまま第一コーナー先頭ゲットを繰り返すのでこの"SVENNESS"のVimeoのシリーズでは#Vanderholeshotという名前になっています。(ちなみにライバルは#Vantorholeshot)

↓上の写真はこの動画から。SVENNESSシリーズ面白いです。

#SVENNESS 2.8 from In The Crosshairs on Vimeo.

http://www.dewielersite.net/db2/wielersite/coureurfiche.php?coureurid=34074←wielersite。カテゴリー上がっても表彰台登りまくりでワールドカップのタイトルをもう獲ってしまいました。
============
http://www.cyclo-cross.info/cyclocross/2014/01/30/van-der-haar-ik-ben-al-een-beetje-wereldkampioen/
そんな彼のCyclo-cross.infoによる世界選直前インタビューもなかなか興味深い。

  • 優勝候補はNys, Albertと自分だと思う。何かハプニングがあればVantornout, Pauwels, Mourey, Walsleben, Binaにも可能性がある。
  • 最後Nysと勝負できるといいと思っている。今シーズンOverijseでゴール勝負のチャンスがあったが、ミスしてしまった。
  • Nysはパンドラの箱みたいな底知れない大きさの戦略の蓄積を持っている。ボクはまだ小さい箱を集めた程度だ。
  • Nysがこれまで勝つべき世界選を多く失ってきたのは、勝たなければならない、というプレッシャーだろう。去年Louisvilleで勝てたのは、レースが繰り上がって土曜日になったことで、雑念にとらわれる暇がなかった。
  • ボクはAlbertほどの脚は持っていない。彼がハマると、独走してしまってもう二度と彼の姿をみることはない。しかし彼は周囲の様子にとらわれすぎるきらいがある。Albertのベルギー選手権でのさえない走りは、プレッシャーに負けたのかも。体調悪かったのかもしれないけれどよく知らない。
  • ボク自身の可能性としては、ゴールスプリントだけでなく、他の選手のミスを誘うプレッシャーをかけることかな。NysとAlbertを置き去りにできたらいいけど、たぶんボクにはそこまでの力はないかな。
  • まだ22歳だけど、自分は明らかにホルモンの成熟が遅い。ヒゲをそるのもたまになんだ。16でもじゃもじゃの人もいるけど、その頃ボクは数えるほどしか生えてなかった。もし、ボクがひげ面でスタートラインに立つときがきたら、Nysたちはボクを警戒すべきだと思うよ。

そうかー。。いつになってもかわいらしいと思っていたけれどもそういうことがあったんですね。なので、体力不足かな?と思う場面がみられますけども、、オジサンぽいちびわんこは想像できないような見てみたいような。
DSC_0619

  • 2012年の世界選でのちに名勝負といわれたファンデルハールとボスマンスの熱闘に立ち会ったが、ろくな写真がないんですよね。。

(その時のブログ)リベンジ - tannenbaum居眠り日記zzz

========
(ミーハーネタ)♡
ガールフレンドは英国人Lucy Garnerちゃん(現アルゴスシマノ)。
http://www.cyclingarchives.com/coureurfiche.php?coureurid=74240
2011年12年とジュニアのロードレース世界チャンピオンのすごい人です。小柄なダイナマイトボディのスプリンター。ファンデルハールも世界選タイトル連続保持してたので、自転車界の若きセレブカップル。。なんだけど二人とも可愛いので、嫌味がないですね。ウェブ上でもオノロケがよく見られるのが注目。UCIチャンネルのアナウンサー、マクロッサンおじさんは同じ英国人なのでる「今日ルーシーガーナーと話したけど、ファンデルハールに付き添って、マッサ―役をしてたらしい」とかいう小ネタをよく仕入れて中継の前後に話しています。

広告を非表示にする