読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tannenbaum居眠り日記💤

シロート観戦者による、おもに自転車(おもにシクロクロス)関連のすみっこネタブログです。

2015 Qiansen Trophy C1 UCI Race, Station One (千森杯、第一ステージ)レース動画とリザルト

昨晩諏訪監督から送られてきたリザルト表。
←女子リザルト
←男子リザルト

レースのフル動画はこちらでみられる(@pigmon_tataraさん、情報ありがとうございました)
千森杯国际自盟公路越野分站赛(延庆站)-乐视体育

男子レースをざっくり再生してみたけれど、アルベルトが独走しそうなコースというか、スタートから飛び出したBosmansと最初の周回のBosmansのメカトラで追いついたChainelが後方を力強く突き放していた。テクニカルというよりはパワー勝負なコースらしかったけれどレース前方の選手たちのスピード、乗り降りなどの動作のなめらかな素早さは素晴らしかった。レース中盤、Chainelがチェーンが落ちたのかトラブルでストップしたところでBosmansが突き放す。後方もリタイア選手ながらディフェンディングチャンプのAlが牽引する。イタリア人のBiancoもいい走りで表彰台かと思われた。最後は経験の差か、Simunekがのぼりでアタックしたらしい。
日本選手もスタートのときはもちろん、レース途中もしばしば映っている。小坂光選手や最後ゴール時の向山選手の表情などしっかり捉えられている。諏訪監督によると、光選手はいいパックで走っていたけれども終盤離れてしまった、とのこと。
男子リザルト。

1 Wietse Bosmans
2 Steve Chainel 00:50
3 Radomir Simunek 01:45
4 Marco Bianco 01:46
5 Thijs AL 01:51
12 Hikaru Kosaka 03:02
23 Kouji Mukouyama 07:07
25 Shun Matsumoto 07:16
29 Jun Matsuo -1LAP
37 Fu Kaneko -2LAP

http://blitzen.air-nifty.com/kosaka/2015/08/qiansen-trophy.html
小坂光選手のコメント。(Blitzenオフィシャルブログ)

結果は12位でした。
7位〜12位のパックで展開できていたのですが、ラスト2周に入ってからのペースアップに付いていけなかったのがかなり悔しいです。

ハイスピードコースでトップと3分差はかなり大きな差です。
やっぱり皆踏むとこで踏めてます。

ただ、今年から取り組んでいるウエイトトレーニングの成果を実感できたし、
しっかり身体も動いたので、初戦としてはまずまずかなと思います。
このスピードを体感できたことが重要。
水曜日にもう一戦あるので、また上を目指して戦ってきます!

なお、ここで上位に入った選手は一気にUCIポイントを伸ばすことになる。
http://cycross.blogspot.jp/2015/08/qiansen-trophy-c1-premiere-victoire-de.html
こちらのフランスのサイトではUCIランキング188位(59ポイント)だったBosmansは一気に80ポイントを獲得してトップ100以内に還り咲き、Chainelも60ポイントをゲット。もう一戦で稼げそうな選手にはかなりUCIポイント的には効率的な稼ぎが期待できることを指摘している。
UCIのレースカテゴリー別、獲得できるポイント表。これだと小坂光選手は6ポイント獲得したことになりますね。

↓昨日のリザルト反映前。Bosmansと光選手の順位は隣り合っていた。

さあ、リゾート地海南ではどんなコースになるか、そして日本人の皆さんが少しでもUCIポイントをかせげますように。
女子は後程。

広告を非表示にする