tannenbaum居眠り日記💤

シロート観戦者による、おもに自転車(おもにシクロクロス)関連のすみっこネタブログです。

TOHOKU CX PROJECT 15-16 第二戦 シルエットロマンス猪苗代(その1:到着〜UCI女子エリート)

猪苗代、美しくて砂と林の変化もあり好きな会場です。その会場がJCXシリーズのみならず世界選セレクションシリーズ、さらにはUCIのC2カテゴリのレースに。他のカテゴリーも見たかったですが泊りがなかなか難しい状況下、とりあえずUCIレースの11月1日を見ることに。今回は某カテ1選手の方の車に某カテ1若手選手とともに同乗させていただきました。道中私に合わせて一生懸命昔の歌手を思い出してくださったりしてどうもありがとうございました(苦笑)。
※以下、単なる写真日記ですので…
DSC_4527
ついた。風が強いけどきれい。
DSC_4499
猪苗代のレースは何回目だろうか、波がこんなに立ってるの初めて見た。
DSC_4525
試走する選手も風を受けている。
DSC_4490
深い砂のセクションを選手が通るのを見るのが楽しみ。選手コメントを聞くと、今年のコースは砂の区間が長くなったけれども、波打ち際の難易度はさほど高くない。砂から林方面に上がってくる方向に走るときに深くて難しい。林間はコーナーが狭くなくきつくないのでさほど難しくない、というような感じだったでしょうか。
DSC_4533
試走時間が終わり、女子選手たちが建物の裏に輪になって男性を囲んでいる。カツアゲ…ではなく。
DSC_4538
強い湖面からの風をよけるため建物の裏にいたらしい。
DSC_4528
UCIから派遣されたチーフコミッセールによる英語のライダーズミーティング。日本人のコミッセールらしき人が隣に立ち、逐次通訳していた。全部はききとれなかったがかなり完璧な通訳だった。「今日は80%ルールは適用はしない。周回遅れの選手も完走扱いとする。ただし、1-3位の選手のゴール時には脇によけるように。それではみなさんが今日よいレースができますように」というようなことを言っていたようだ。UCIレースだとまず80%ルール適用するかと思ってたけど、どういう要素で決めるんだろうね。
DSC_4530
お手入れタイム。
DSC_4541
11月の林の中の横から射す日ざし。
DSC_4549
風が冷たくて、出走のほんの直前まで上着が手放せない。
DSC_4552
女子スタート。
DSC_4563
1周め、今井選手が先頭。ちょうど、湖の左手からばっちり差し込む逆光です。逆光補正してこの程度。
DSC_4566
次に来たのは武田和佳選手
DSC_4571
宮内選手を見るのは(私が)今シーズン初めて!表情が楽しそうに見える(単にこういう表情で走るのがデフォルトなのかも)
DSC_4575
今回走っている表情が楽しそうだったのはこの方も(単に走るときのデフォルトかも)
DSC_4586
腰のヘルニアと診断され、しばらくコアトレーニングに専念していた綾野選手がレース復帰しています。
DSC_4601
須藤むつみ選手の雄々しい姿。
DSC_4624
こっち向いたら逆光じゃないじゃないか。ところで背後の綾野カメラマンは何を撮っているんだろう。。
DSC_4643
西のダム部女子ジャージをレースで初めて見た。上田選手。
DSC_4649
磐梯山が雲の帽子を脱ごうとしている。例年、磐梯山を背景にこちらのほうに向かってくる選手の顔が撮れるとよい絵になるのだけど、今年は背中。砂浜を走るところの顔を撮ろうとすると逆光になるコース設定。
DSC_4676
林に移動。ノバラ?茨っていうんでしょうか、やぶを急いで横断してるときにときどきとげとげの枝にひっかかった。そういえば事前に菱の実まきびし情報がでていたけれどどうだったんだろうか。
DSC_4744
自分の中で「妖精の小道」と呼んでいるどことなくメルヘンな小川脇の小道。
DSC_4699
妖精が来た。
DSC_4702
DSC_4778
茨のトゲにささりつつ斜面の藪で踏ん張りながら強引に撮った。短い急なのぼりで選手が結構な勢いで通過するため、ピンぼけの写真がたくさん。でも面白かった。
DSC_4725
林の中は光がまだらに射すのでなかなか難しいのだけど、うまく利用できるとスポットライトみたいな効果になる。
DSC_4786
小貝川のL2で勝って昇格した安田選手。L1のレースに初回からなじんで走っている。
DSC_4795
ふわっと背後から射す光というのがなかなか良い。
DSC_4845
そろそろゴール。この背後のコーナーあたりで周回遅れの選手たちが止められていた。下されたと勘違いする人も。
DSC_4853
東北から元気を!
DSC_4860
優勝は與那嶺選手だったがゴール後この笑顔の宮内さん。昨年程林の中のコーナーが難易度が高くなかったこと、コースが楽しくて、とてもよかったとニコニコ。夏の間ダウンヒルコースを走ったことで、自転車で走る際の自分の中の恐怖感が減ったのだそうです。宮内さんでも怖いと思ったりして走ったりするんですね。
DSC_4879
こんな素晴らしい景色を望む表彰台、なかなかない。ステージが広くて立派だし。
DSC_4881
がらぱさんも東北まで遠征。関西クロスしばらく行ってないけど、BGM以前と違ってた。
(その2)に続く

=============
https://flic.kr/s/aHskorPX8b ←今回の写真アルバムはこちら。

広告を非表示にする