読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tannenbaum居眠り日記💤

シロート観戦者による、おもに自転車(おもにシクロクロス)関連のすみっこネタブログです。

Wellensの現場復帰先は新生Steylaerts Cyclo Team

自転車 シクロクロス

http://www.hln.be/hln/nl/2884/Veldrijden/article/detail/2707604/2016/05/18/Bart-Wellens-wordt-sportief-manager-bij-Team-Steylaerts-waar-Vermeersch-kopman-wordt.dhtml


Vermeerschをエース(てかまだ男子一人女子一人だけど)に据える新チームSteylaerts Cyclo Teamのスポーツマネジャーとしてレース現場に戻ってくるそうです。その情報だけ流してたぶんわざと、どういう立場での現場復帰って明らかにされてなかったので一瞬選手復帰かと期待した人たちもいたかもしれないけど、選手としてじゃない(苦笑)。


でも一時ものすごく太っちゃって心配していたころよりは、シェイプされてる、まだぽっちゃりだけど。スポンサーとの契約は1年しかなくて、今後の業績次第というところなのかな。大きな勢力に育ててゆきたいということだけど、まずはこじんまりはじめるようだ。追加スポンサーなどをこれから募ってゆくのだそう。
(思わせぶりな本人ツイートの数々があったようだ。全部は貼らないけど)

新チームのスポンサーはこの会社↓
http://steylaerts.be/
タイル屋、バスルームのリノベーション業。業績拡大中なのかな。社員は80人ちょっと。

  • スポンサー契約はとりあえず1年だけ。更新オプションあり。
  • Tom Boonen 父親のAndreがRidley社の代表としてWellensと交渉をしていたらしいが、契約は2018年までのものではなかった、という記載があるけど、更新オプションがなかったのかな。というか、全部追ってないからわからないけど、何の契約の話だったんだろう。
  • 現時点ではSteyaertsが唯一のスポンサー、追加スポンサーと選手をもっと獲得したいと言ってますね。
  • 9月までには4-5人の選手が獲得できるようになっていたいとのこと。追加出資受けられるかな。
  • 現時点で契約した選手は二名、Gianni Vermeersch と オランダ人女子選手 Maud Capt Heijn。

http://www.cyclingarchives.com/coureurfiche.php?coureurid=63610
CyclingarchivesのVermeerschの項。

  • Vermeerschはリザルトだけみるよりも、レース中の展開ではもうすこし目立っている印象があったけど、実績高いかというと微妙か(Hoogerheideでの3位と、ロードのOmloop Het Volkのアンダーカテゴリで3位というのが目につく)。。ということでMarlux-Napoleon Gamesの契約切れとなり、更新されなかったらしい。23歳。

SteylaertsのHPに掲載された本件に関する記事。
http://steylaerts.be/nieuws/steylaerts-sponsort-nieuw-team-bart-wellens
Nysとの指導者対決、って書いてるけど、FIDEAとこのチームの状況は全然スタート地点が違う(苦笑)でもそれはそれで、楽しみではありますね。Nysやアルベルトのように引退直後からチームマネジメントに入ることなく、まさに自由を謳歌する時間を楽しんだ後なので、その価値は本人の心の栄養として金銭では測れない得難いものだったかもしれない。その後の爆発的な活躍?も期待できるかも。
http://www.nieuwsblad.be/cnt/dmf20160519_02296125
昨年3月の引退決意時は、36歳にもかかわらず、精神的にも肉体的にも70歳みたいな感じがする、今は人生を楽しむときだ。と言っていた。

広告を非表示にする