tannenbaum居眠り日記💤

観戦者の目による、おもに自転車(おもにシクロクロス)関連のすみっこネタブログです。

メダルメダルと連呼

オリンピック、ふと気づくと野球を除き、チーム系競技(男子サッカー、女子バレー、女子ソフトボール)が不調な日本である。
メダルメダルとマスコミに追い詰められて、だれかがナーバスになると全員に伝染する。
その点、柔道や水泳の個人競技は自分自身をしっかりもっていれば騒音に惑わされないのだろうか。
3位までがもてはやされるオリンピック、、メダルとらないと意味がないのか?
たとえば、自転車ロードレース、集団ゴールの場合、多くの選手がタイム差なしとなる。タイム差が大幅についているか、そうでないかは重要でないのか?3位と10何位はそれほどタイムに差がなくても、世間は鬼の首をとったようにメダルを逃したと非難する。
もっと、競技自体を、観戦を単純に楽しむことはできないものだろうかと思う。国をしょっているから無理?