tannenbaum居眠り日記💤

シロート観戦者による、おもに自転車(おもにシクロクロス)関連のすみっこネタブログです。

ハモンド、放出の経緯はしらないけど


さらに、カピバラさんの記事関連はつづく。
http://www.thepaceline.com/members/askjohan_item.aspx?cid=2737
ブリュイネルさんへのQ&Aで、沢山有力選手を放出した事情について回答しています。

  • えーと、11人放出のうち、7人は自らの意志で移籍って、ブリュイネルが言ってますが、残り、チーム側からオファーが出なかったorzの中にハモンドも入っていたわけで。。
    • えっと。クビっていうのは人聞きが悪くて、契約期間満了したけど、オファーがなくって「任期満了による(円満?)退任」ってことで。「任期途中での(不穏な)解任(会社役員かよ)」っていう場合がクビっていうイメージが(いじいじ。。。)
  • というかですね、今期はとくにチームとの関係がどうだったのかなー、といまとなっては思いますねー。
  • 最近になってようやく、ストレスのたまるディスカバリーでの2年間、とか記事にも出るようになってきましたし。
  • 今年気づいたのですがThe Paceline.comでの扱いがどうも悪いような気がしてたんですよねー。ま、思ったほどの成績が上げられない(シーズンの勝負どころで2年連続負傷、というのもありましたが)というのが結局のポイントだったんでしょうね。
  • 移籍当時はクラシックレースで自由が与えられる数少ない選手とされていたのですが、途中から雰囲気が変わったのでしょうかね。。
  • HPの更新が途切れがちだったのも精神的にそれどころじゃなかったのかも。

くまたろうさんが見つけてくださったリンク先(GB Cycling Team)の世界選直前インタビューから。
http://www.britishcycling.org.uk/web/site/BC/gbr/EventReports2006/20060922_Roger_Hammond.asp

  • この2年で自分はライダーとして大きく成長した。より強く、軽くなった。まだまだ成長し続ける限り、レースやトレーニングへのモチベーションは失うことはない。この2年自分にとって適切な環境ではなかったけれど、それが人生だし、試みなくてはならなかった。これから自分は異なる組織の中に移って、チームから異なる期待のされ方をすることになる、今度のほうがより自分のスタイルに合ってるんだ。
  • まだ自分はたったプロ9年目で、まだ若い方だ(←え*1)まだまだ勉強中、進歩中だ。

*1:大学終えてプロ入りしたから年の割りにはキャリアは浅い。

広告を非表示にする