tannenbaum居眠り日記💤

シロート観戦者による、おもに自転車(おもにシクロクロス)関連のすみっこネタブログです。

真の「フランドルの男」選別レース(92nd Ronde van Vlaanderenは悪天候の模様)


地球温暖化によって、北のクラシックが軟弱になったとお嘆きの諸兄に。
www.cyclingnews.com - the world centre of cycling
今年のフランドル1周はフランドルのハードな男を選別する「一大叙事詩」を生み出すかもしれない。
それほど厳しい天候になる予想らしい。
気温は2-6度、雨もしくは雪。

  • 1989年以来の天候だそうで。メルクスが70km逃げた伝説の1969年を思い起こさせるようだ、とのこと
  • 地元ボーネンさんによれば、そういう天気で走るレースというのはレインコートやグローブで武装して走っても、1時間くらいならいいけれどだんだん中にしみてきた雨が体をしんしんと冷たくしてゆく(そして水分は外にでていかない)のだそうです。想像しただけで冷たいよう。。。
  • そして今年コースに復活した残酷なKoppenberg嬢((c)Daily Peloton,だったかな)、濡れたコンディションでさらに爪を研ぎ澄ましていそうです。。

Sportwereldの配布しているモノクロ壁紙が渋い早く見つけていたらもっと早くから気分に浸れたものを。。