tannenbaum居眠り日記💤

シロート観戦者による、おもに自転車(おもにシクロクロス)関連のすみっこネタブログです。

事実上の引退状態を認める

ロジャー・ハモンドが事実上引退状態にあることを認め、自らのキャリアはファンタスティックな経験であったと振り返っているCyclingWeeklyの記事がでていました。
Hammond looks back at career of 'fantastic experiences' - Cycling Weekly

Photo:Graham Watson (ワトソンさんこんな素晴らしい写真ありがとう。ハモンドシクロクロスのジュニア世界選に優勝した時のもの。)
これまで、何のアナウンスもなくて、割りきれないままヤキモキしていましたが、本人が何かを発言したことすらなかったあいまいな状態からは一歩前進。私も何だか漸く一息つくことができた。
「何も契約しておらず、選手として活動していないこの現状は、おそらく引退状態というのだろう」とCWに数週間前に言ったという不確定な状態が続いている、そろそろ違う選択肢も考え始めたということなので、電撃契約発表や、電撃チームスタッフ入りという可能性をふくませつつも、世間が春のクラシックシーズンに入った今、プロ選手としての活動は現在停止中。という感じでしょうか。
子供の時パリルーべをTV で見て、いつかこのレースで勝つ、と食卓で宣言したのが始まりだったというハモンドのこれまでのレース人生を回顧するCW の記事やツイッターをはじめとするファンの反応が暖かくてホロリとします。
とりあえず、どんな選択になろうとも、彼のこれからの人生に幸いあれ、と願います。
彼の業績についての部分は追って言及するとして、凄いインパクトのあったハモンドの野武士時代を語った講演会のトランススクリプト記事を↓
Roger Hammond "Life Cycle" - tannenbaum居眠り日記zzz
ハイクブログ - tannenbaum居眠り日記zzz
今でこそ育成体制に定評のある英国ですが、ハモンドの時代は海を渡って自分一人で切り開いていく必要があった(ベルギーに英国人を世話する個人はいたようだけれども)。

広告を非表示にする