tannenbaum居眠り日記💤

シロート観戦者による、おもに自転車(おもにシクロクロス)関連のすみっこネタブログです。

Superprestige Gieten-青靴ブームと兄のアタック(Superprestige #1 Gieten)

さあ今シーズンもいよいよHansgrohe Superprestigeが始まりました。

ところでハンスグローエは何の会社かと思ったらシャワーヘッドとか水栓金具のドイツの会社で、「水栓金具界のベンツ」と呼ぶ人もいるらしい。日本のみたいに節水にまい進するというよりヘッドが大きくて重くなくて大粒で雨を浴びてるみたいで心地いいのとか、ホテルみたいな美しいクロームメッキでホースも金属製のとかがあるらしい。。雨粒みたいなのいいなあ
。。。http://www.hansgrohe.co.jp/17687.htm(←ハンスグローエジャパンのHP)っていうかなんで水栓金具メーカーがシクロクロスのスポンサーを・・

(Photo from: www.rtvdrenthe.nl)http://www.rtvdrenthe.nl/nieuws/100483/In-Beeld-Superprestige-in-Gieten 会場にあつまりつつある観客の行列。すごい混雑で行き帰りも苦労しそうなのに、好きですねえ。

======

  • ジャージに慣れなくちゃ。まずFIDEAが黄と青の基調でなくなった。名物カラーなのに。イメージを変え巻き返しを図る、っていうところでしょうか(必死か)。メーウセンが目立たなくなっちゃうじゃない(走りで目立つしかない)。
  • それから青いシューズの選手が目立つ。チームにかかわらずすごい比率で青シューズ。blue shoes cyclocrossで検索するとシマノのシューズがヒットし、お友達に聞いてもあれはシマノだという。今シーズン日本ではどれぐらい見られるか?

[asin:B00PRUYWQQ:detail]

  • あとSunwebのジャージが他と比べてシンプルに赤白でどこかの代表チームみたいに見える。名前入れるスポンサー少なくても、もうかってまんねん? Vastgoedservice Golden Palace (長いので略して"VGSGP"というらしくチームのHPもそうなってる) のVan Aertはくっきりオレンジさんなので去年と同じ。ファンデルハールは小さくて黒いジャージの人でOK。長身ベルギーチャンプジャージはクラースさんKlaas Vantornoutだからね。
  • Mathieu van der Poelは再手術で欠場、の知らせなのになんだか彼みたいな顏が。と思ったら、前よりしゅっとしてきたお兄ちゃんのDavidが二列目スタート。彼もこのところ目立つことが増えてきて、いい感じ。

======

  • とりあえずの話題としては今シーズン出場レース無敗のWout Van Aert(以下、WVAといいます)を止める可能性が高そうな若き世界チャンプマチュー君、Mathieu van der Poelがロードシーズンの落車によるケガ、手術のあと、いったんは練習に復帰したが再度手術ということで欠場。10月中の復帰が危ぶまれる状況らしい。ということできょう黒オレンジ小僧を止める可能性があるとすれば誰か。Van der Haar(チビわんこ)か。昨年のシリーズ2位Pauwelsは調子はどうか。。うーむ。Nysは優勝に絡めなくても表彰台お願いします。ベガスのワールドカップでは2位になり、周囲の不安と心配をよそになかなかの堅調であるらしい。

======

  • レースはスタート直後から代表チームみたいな赤白のジャージが飛び出すが、超大物ではないらしく、後続は一瞬顔を見合わせて、なら、いけばー?となる。。
  • 欠場している弟の憂さ晴らすかのような兄David van der Poelのアタック@もちろん血統書付き。もっと年若いころは四角い顔で、弟のかわいらしさと一線を画していたが、年を重ねた兄のほうが弟の路線に歩み寄ってきた。まだ弟のうりざね顔と比べると四角いけど。っていうかイキのよい走りで鋭く速くて気持ちいい。シケインもきれいだし。弟同様、肩幅が広くウエストが細くみえる(昔からのファンの方によれば、お父さんのAdri氏も肩を張るような乗り方だったらしい。体の使い方って、指導されなくても親子で似たりしますし)。
  • 4周回目? いよいよ追走集団から発射するVGSGPのWVA(←わかりますかw)。David君の逃げは容認しても彼のアタックには必死に追いすがる選手たちだけどファンデルハール以外生き残れず。あとで記事を読むとNysはパンクから復帰中で後方だったらしい。もしやしってた?
  • 風前の灯のDavidもここまで十分に見せて、吸収。そのあとはずるずる後退。
  • Van der HaarとWVAの逃げは快調、そして、二人の勝負の分かれ目は、不運なトラブルによるものではなく、ガチンコの実力で引きちぎった。のぼりの押し区間ですこしファンデルハールが遅れ差がついたか?という場面でそれに気づいたWVAがさらに点火。ああーみるみるうちに離れていく。。
  • どれだけ強いのか22歳破竹の勢いWVA。ということで、注目は3位争いに。
  • 落ちていくDavid兄ちゃん。後ろをちらちら見ると蛍光色のフレームに乗った黒いジャージのNysがずんずん迫っていて、ああ人食い様が!怖くてカッコいい。
  • 三位争いはNys、クラース、ケビン、あと台頭中の若手 Tim Merlier (VGSGP)とGianni Vermeersch (Sunweb)が加わり、スプリントはクラース、NysとMerlierになったけれどNysはクリートが外れてしまってMerlierがスプリントをとった。Merlierビッグレースで表彰台は初めてらしい。テクニカルな凍った路面が得意、スピードに定評のある22歳。Tim Merlier - Wikipedia


(Photo:http://www.cyclocrossgieten.nl/)
=======

  • レース後のコメントで、Van der Haarはトラブルでなく真っ向勝負の力負けなので残念だけど納得感あるようだった。
  • Nysは好調だったらしく脚はあったと言っていたが中盤のパンクと、スプリント時のクリート外れに泣かされた(スプリントのときのトラブルも多いなー)。WVAの一人勝ち状態について、彼が他のライダーより抜きんでた状態なのは確かだが、ポジション取りに注意して対抗すべきということを言っていたようです。

========

  • メーウセンは全く、どこにいたのか。

========
今回気付いたんだけど、VGSGPのチームはロード部隊もあって、という理解はしてたけれども、HPトップにフルスマンス系の顔立ちの選手がいると思ったら、ジャパンカップにも来ていたフルスマンスその人だった。Home - Crelan-Vastgoedservice

広告を非表示にする