tannenbaum居眠り日記💤

シロート観戦者による、おもに自転車(おもにシクロクロス)関連のすみっこネタブログです。

van der Haar (U23世界チャンプ)CrossVegas勝利

http://www.crossvegas.com/site/index.php←CrossVegasの公式サイト。
遅くなったのですが欧州のシーズン皮切りに一歩先立って行われたCrossVegas。勝者は1991年生まれ(90年代生まれ!)のオランダ人Lars van der Haar。
bikemundo - YouTube←プロモビデオ。
↓若いですがラスベガスの夜につれてきちゃって大丈夫なんでしょうか。。

Lars van der Haar (Rabobank Giant Off-Road Team)

  • レースは Christian Heule (Cannondale p/b Cyclocrossworld.com) と Rob Peeters (Telenet-Fidea)とのスプリント争いでフォトフィニッシュになり、勝者の彼ですらゴールラインが暗くてみえなくて、勝った確信がなかったとか。
  • レース開始後、先頭は van der Haar とチームメイトのBart Aernouts (Rabobank Giant Off-Road Team)、 Heule、Tim Johnson、Jamey Driscoll (Cannondale p/b Cyclocrossworld.com)、 PeetersとBart Wellens(Telenet-Fidea)、 Ryan Trebon (LTS/Felt)、Todd Wells (Specialized)と Powers (Rapha-Focus あれこんなチームあるんですね).
  • アタックが繰り返されるが、ラスト3周回目、CannondaleのDriscollがアタック、10秒のリード。集団前方をチームメイトのHeuleとTim JohnsonがブロックしたところでWellensはDriscollと一緒に逃げることを選択。
  • しかし残り3周はきつかった、本当に長く感じた、とWellens。最終周回で一人になった彼は吸収される。その後Powers, Trebonや Peetersがアタックするが、最終コーナーで吸収され、集団は一つに。
  • ワレンスが吸収されたとき van der Haarは後方にいてPeetersがアタックしたのを見たときは勝てるなどと思っていなかったが、最終コーナーで集団に合流。スプリントに自信のあったvan der Haarは全力で行くことにした。トップ3名がスローダウンしたのを見て、皆疲れたのだと思った。自分も疲れていたけれど。と言ったらしい。

http://www.crossvegas.com/site/images/stories/2011%20me%20results.pdf←男子エリートのリザルト
Lars van der Haar – Wikipedia
昨年のU23カテゴリでのvan der Haarの勝ちっぷりは半端ではない。世界選手権、ワールドカップシリーズ優勝、ヨーロッパチャンピオン、GVAトロフィー2勝、Supterprestige3勝。ヨーロッパでのエリートのレースにはいつごろでてくるかな。

  • ワレンスのアタックが見たかったけど、レース自体の動画がみつかりませんよ。。。
広告を非表示にする