tannenbaum居眠り日記💤

シロート観戦者による、おもに自転車(おもにシクロクロス)関連のすみっこネタブログです。

GP Mistral #4 その3(まだC1続き)

更新のろい。。時間がないんですよ...
DSC_0158
というわけで、二周回目。
DSC_0149-t
飛び出した合田選手と後続の間隔はかなり開いています。鉄塔の脚のところで秒差を数えた気がするのですが、何秒差だったか忘れました(笑
DSC_0115
中間選手のブルーのジャージも印象的。
DSC_0175
こんな風にわたってゆきます。
DSC_0141
こうして持ちます
DSC_0185
よいしょー
DSC_0195
ミストラルを何度かみたあとにラース・ボームのオランダチャンピオンジャージ姿をみるとこのTeam12Soさんのチーム員かと思ってしまう。。
DSC_0201
轍がやっかいそう
DSC_0220
DSC_0246
難易度の高い場所で観戦する親子。ギザギザに折れ曲がりながら茂みのようなところを下りたり登ったりする箇所で、観客も足を踏み入れにくい場所にある。
DSC_0271
DSC_0248
MTBのすごい人らしい、轍屋の大江選手がこんどは前へ。
しかし、常に前の人の巻き上げる砂埃を吸い込み続けなくてはなりません。
DSC_0280
こんな風にたたかいが進む中
DSC_0289-t
沿道ではなごやかな談笑モード
DSC_0288
前の夜2時までかかって組んだそうです。緑色がポイントですね←色しか分からない
DSC_0293
レースは前4名が離れません
DSC_0324
池本、三上、合田、大江の4名。
DSC_0325
3UPの三上選手にも沢山の声援が
DSC_0352
しばらくこんな感じが続いたあと最後に三上選手は遅れる
DSC_0342
ハモンド犬この日は落ち着かず、C1レース前は珍しく声を出して吠えたらしい。いつも遊んでくれるお友達は勝つでしょうか。
なかなか決着しないねえーの声が聞こえ始める。ミストラルは「池本、合田の二人対決」が名物だそうだけれど今回は違うようだ。
ちなみにオーガナイザーの大山さんは観衆が一番集まる場所に自転車でやってきて、マイクなしでレース実況MCを行いながら先頭集団がばらけそうになると檄を飛ばしていた。
DSC_0435
いよいよ最終局面が迫る。合田選手がアタックした瞬間だったのか、前二人の血相が変わっている
DSC_0444
はなれるなー
DSC_0445
DSC_0461
さて、どうなる?
DSC_0462
ゴール地点へ急ぐ
DSC_0470
ついに残る二人を引き離した池本選手が戻ってくる。
DSC_0497
…犬って立つんでしたっけ?喜んでるのよね

※途中どういう展開で抜け出したのかは未確認
※ゴールシーンは撮りそびれました(ときどきとっさにシャッターが下りなくなる。。。)
※一番肝心のところがぬけてるじゃん

DSC_0514
後続の選手たちも帰ってきます
。。。ということで、

DSC_0502
お友達の勝利を祝って一足先に表彰台を味わうハモンド犬。

DSC_0042 (2)
人間も表彰台に上る。合田選手は自らの積極的な走りについて「池本選手のために見せ場を作った結果になった」とコメント。ドキドキするレースを有り難うございました。

レース後に池本選手とお話した時、ハモンド犬がレース前いつものようにじゃれついてこなかった、というようなことを聞きましたが、最後残る二人を千切ったあたりの肝心の経緯を聞き忘れました…←つねに肝心の部分が抜けている
http://www.flickr.com/photos/firtreezzz/sets/72157628911096203/
↑こちらのflickr アルバムに写真たくさんあります。

広告を非表示にする