読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tannenbaum居眠り日記💤

シロート観戦者による、おもに自転車(おもにシクロクロス)関連のすみっこネタブログです。

犬服という幸福(その2)

さて、型紙調整さえすれば縫うのはあっという間ときめてかかっておりました。

  • が、小さいカーヴのある伸縮素材にニットテープで縁取りをするというのは、なかなかきれいにいかないのでした。

UntitledUntitled

  • 縫い目がふらつく、がたつく。。
  • ここで再度私に「職業用ミシンほしい」熱が再燃したのは当然のなりゆきです。参照先のこの縫い目をみて、ああ、家庭用じゃ限界があるんだなと感じ。→ワンコ服づくり ~4~:仲良しチワワン ころん と ぽにょんこのブログの下のほうにある縫い目を見て満足できない人は職業用ミシンを買うのがよいそうです。

UntitledUntitled

  • 結局、しつけ糸でしつけ縫いをするという回避したかった作業までやってみましたが、問題は縫う布がずれるというより、ミシンの押さえがしっかりきかず、厚みのあるところや急な小さいカーヴでぶれるというところにあるようであまりはかばかしい結果にはならず。
  • ボーダーも一応柄合わせしてみましたけど。。

DSC_6039DSC_6036

  • 縫い目を公開するのははばかられるけど、まあいいや。生地は娘がおいていったどこかのバンドのTシャツ。
  • この段階で娘にこの写真をメールしたところ「犬が着そうなのができたね」といわれた。当たり前だ。
  • とりあえずこのタンクトップと、ボーダーのパーカーと、失敗作濃厚なスポーツ用生地のライン入りのシャツと3着を形にしてみた。

========
さて、できたものをもってビブちゃんのお宅にお邪魔します。
DSC_6273

  • 本当に、着せられるがままです。温厚なビブちゃん。

DSC_6278DSC_6274

  • なお、フレンチブルドッグは日本の気候にはあまりあわない犬なので、暑さ寒さ回避に洋服はいつも着ていることが多いのだとか。この季節は短毛種ですが、抜け毛対策の意味もあって服を着せる必要があるようです。
  • 背中ポケットの柄合わせはできている。

DSC_6316
ガチャピン?笑
DSC_6340

  • これがエクセルで比例計算までして補正した服。ぴったり過ぎて笑える。勝利。計算苦手な自分への勝利である(笑)

DSC_6441

  • 一つ年上のにゃんこ、アトム君とじゃれ回る。

UntitledDSC_6283

  • もう一つのは、スポーツ用速乾生地を日暮里で入手したので作ってみたかったもの。しかし、作ってる時からこれは前脚の間が狭すぎるだろうと失敗作の予感が濃厚だったもの。原因はもとの型紙がミニチュアシュナウザー用のものだったのを、本にでていた型紙修正方法が後ろ見頃だけで胸回りを調節するもので、そのとおりにしたらこのありさま。

DSC_6320DSC_6286

  • 一応着れたが、前脚が開かないねえ。さすがにおとなしく何でも着せられるていたビブちゃん、着心地悪いのか転げまわる。そしてだんだん脱げてくる。そうか、犬はこうやって服を脱ぐのか、、?と感心した。というか着心地悪いのに来てくれてありがとう。ごめんなさい。

UntitledDSC_6333

  • なんと、この背中の絵にあるサーカスのテントみたいなものと同じ形のわんこルームがありましたよ!全くの偶然に、本当にビックリ。

DSC_6335

  • ともかく、ピッタリのものが、出来は置いておいて取り敢えず縫えてよかった。この型紙を使ってたくさん作りますよ。
  • また、作らせてねビブちゃん。犬服作りのを楽しむチャンスをくださった飼い主のYuuちゃんとガッチュさんご夫妻にも御礼申し上げます。

DSC_6313
にゃんこは服がいらないんだよねー。
Untitled

広告を非表示にする