tannenbaum居眠り日記💤

シロート観戦者による、おもに自転車(おもにシクロクロス)関連のすみっこネタブログです。

場外バトル(ベルギーシクロクロス界)

ストリーミングを観ているとピットエリアでインタビューを受けているお歴々は、過去の名選手で今は監督な方たちなのかしら。。と思うがでも誰が誰やらよくわからずでした。
[ ]
(c)Sunweb-Revor
↑このSunweb-Revorの監督Mario De Clercqさんは世界選3度勝利してるんですね。で、スーパーマリオと(ロードレース界ですとチポ様。。チポ様と比べると胸ボタンの開け方が一つ足りないけど。。笑)

(c)Wielerneuws.be
若かりし頃のMario De ClercqとNys。Nysのお肌がぴちぴち(笑)
Belgian cyclo-cross rivalry mounts in Zogge | Cyclingnews.com

  • で、先日のHamme-Zoggeですが場外であれこれ論争が。
  • レースの主催者であり又、Sunwebのマネジャーでもある人 Mettepenningen がレースの直前にコース変更(砂のセクションを廃止し、カーヴを少なくし、自分のチームのパウエルスに有利とした)した、とNysはクレームしていた模様*1
  • さらに、レース後。パウエルスがStybarの逃げをつぶすために追走集団を引くというのが見られなかった。パウエルスはこのところ一番好調なのだから、それをすべきだった。きっと監督De Clercqから「あんまり引くな」という指示がでていたんじゃないかと思う。自分は彼のことを20年来知っている。なので言いそうなことは判るんだ。
  • Mettepenningen氏からは、コースは1mmも変更していない。Nysがもう自分が世界最高のライダーではない事実を認めたくないからそんなことを言う。。。という手厳しいコメント。
  • パウエルスは口数少ない人ながら、最近はインタビューでのコメント技術が進歩しているという評判ですが、自分の走りは、批判されるようなものではなかった、Nysだって調子良かったのだからStybarをもっと追えばよかったのにと(よく話せるようになったねーえらいねー)

(Velonationの記事では、Stybarのアタックについてゆくべきだった。。という点について反省していた模様。そこでしつこく追走できればおばさんも見直すのにねえ。。もしくは力を使うにはクレバーすぎるのか。。)

  • Albertも舌戦に加わる。自分はシリーズ首位で、Stybarとはポイント差があったので、追う追わないは自分次第。しかしSunwebの二人(クラース・ファントロノウトとパウエルス)は追走をすべきだったと。
  • Mario De Clercq当人はそんなこと(あまり引くな)とかは言ってない。逆にもっとパウエルスに前を引いてもらいたかったと思っているとコメント。追走を引くのはクラース・ファントルノウトの役目だったのだろうが、彼はそこまで調子が良くなかった。

そういえばこのときのレース、Stybarが気づくとあれよあれよと差を拡げ(よだれを流しながらすごい飛ばしていました)、後続は顔を見合ってて、だめじゃん!牽制だめ!と思ったことと、その後追走にNysとAlbertが出ていたのが、2位争いは二人の戦いになるんだろうな。と思っていたらそれまでまったく存在感のなかったSunwebジャージののパウエルスが前に出てきたのがあれ、いつ、あれ、今日走れたんじゃん、などと思ったのを覚えています。
はてなブックマーク - Mario De Clercq - Wikipedia, the free encyclopediaおや、Collstrop在籍期間がロジャーと重なってる?

  • 強い指導力で、パウエルスの今季の好調さを引き出したとかいう説もこの間サイクルモードでお話した方に聞きました。。

しかしねえ、、Nysは他人を批判することなく淡々と自分の走りに専念するイメージだったのですが、やっぱり年??それとも、Albertもいってたのでやっぱり今回はそれだけ言うべきな状況だったんですかね?

ところでいつかみつけたスイスチャンプのかわいい子を久しぶりに発見。U23
http://www.cyclingnews.com/races/superprestige-hamme-zogge-2011/u23-men/photos/197286

*1:ちなみに年末年始に開催されるGP Sven NysはNysの得意な種類のコース構成になっているが、コースはまったく変更していないのだとか

広告を非表示にする