tannenbaum居眠り日記💤

シロート観戦者による、おもに自転車(おもにシクロクロス)関連のすみっこネタブログです。

GP Mistral 第2戦 (1)地から這いあがる蒸気と熱気

台風来襲直前にすべてのプログラムが終了予定でしたので、安心してスニーカーで?行ってまいりました。7月の第一戦は行けなかったので、今シーズン初のGPミストラル観戦。暑くて。本当に蒸し暑かったのですが、選手の皆様はもっと暑くて大変だったと思いますが、観戦して今回もよかったと思える1日でした。関係の皆様どうもありがとうございます。
DSC_8158
朝いちばんは曇天な平原の世界。「蒸し暑くなければ、フランドル地方」と思いました。
DSC_8161
朝一番はカデットの部。ボーネンもいます。レース中ボーネンがんばれ、と声がかかっていました。
DSC_8169
知り合いの方がやる気満々で準備を整えていました。これは泥コンディション用のタイヤで、今回はドライだったのでこちらは選択せず。
DSC_8174
別の知り合いの方は熱心に山岳水玉ソックスで試走を。「勝負靴下だけれども、これが好きでたくさん持っている」のだそうです。
DSC_8178
小坂お父さんが出走というのは目玉の一つでしたね。おはようございます!
DSC_8183
「気に入らない」といって修正。
DSC_8187
いいですね。スタート前、なごやかながら緊張のひととき。暑いですねーと声が飛び交う
DSC_8224
今年の開幕から、同じ吉見総合運動公園ながら開催のコース・駐車場の位置が移動しました。前は野球場に隣接する、土手沿いの道から近いエリアだったのですがそのとき一番奥だった墓地よりも今年はすべて奥になりました。殆どまっ平なコース。選手の皆さんに今年からの場所移動について質問すると「平たい」(以前も平たかったけれども、一部柵沿いにアップダウンがあったのと、細い溝まわりの名物ミストラルコーナー?沿いに走る場所があった)「泥になると面白いコース」(広範囲がどろんどろんということかな)。この日はドライ。というより草。草の上を走るシクロクロスでした。草レース。いや失礼。
DSC_8235
一部、柵に面した細い斜面沿いを走行するのですが集団が殺到すると狭い、誰かが詰まると大渋滞。ところでこれは舞い上がる砂というより小虫の群れ?
DSC_8295
カテゴリー2はこの二人の対決。TeamCUOREの重田選手と臼杵レーシングの伊井選手。結局最後は重田選手が抜け出し2位はスワコの小林聖選手となりました。
DSC_8262
撮影者がいつも水平が取れない人なので、どのくらいの斜面なのこかそのへんはよくわかりません(苦笑)背後に鳥居が見えます
DSC_8309
選手の顔が影になっているのは、地面から立ち上る水分が、気温上昇で蒸し風呂、さらにこげつく陽ざしが追い討ち、あまりの蒸し暑さに木陰エリアに退避していたから。そこも小虫が固まりのようになって飛んでいましたが、暑くて消耗しすぎるよりまし。ここに一度避難したら動けなくなり(苦笑)
DSC_9028
カテ2リザルト。すみません女子リザルトは撮りそびれでした。。
DSC_8321
臼杵レーシングの綿貫選手と話をしている左の方が日の丸ジャージを身に着けておられ、最後じりじり追い上げ堂々とした走りっぷりでしたが、なんとMTBオリエンテーリングの日本代表選手だそうで、初めてのシクロクロスだったそう。又走るごとにぐんぐん上位にいきそう。
DSC_8326
さてエリート。ということでようやく快適な木陰エリアから出てスタートを見に。しばらく立っているだけでくらくらしそうな暑さでした。椅子+傘、という観戦は賢かったかも(この日帽子忘れた)
DSC_8337
夏草の中の夏レース。これシクロクロスですよね?鼻の風邪との話だった小坂息子。
DSC_8346
暑い、と何度言ったことか。でも選手の皆さんはもっと大変。すみませんです。
DSC_8365
すみません、スタートを見送るとまた木陰エリアに戻ってしまいました(苦笑)
DSC_8407
最初3UP三上選手がリード
DSC_8441
ストレートのスピード区間で加速。
DSC_8452
沿道の知り合いにピットで代車を用意してもらうよう伝言を依頼しながら半周ランする秋山選手。しばらくしてチームメイトが自転車を担いでゆくのが見えました。結局走りきることができたようでなにより。
DSC_8460
でたー合田アタック!アタックの人です。
DSC_8505
MTB日本代表の高校生、クロス参戦2年目の前田公平選手は最近好成績。小気味良い走り。
DSC_8515
夏のクロスということで、給水地点があります。これがないと大変。係のみなさま、お疲れ様でした。
DSC_8528
こんなエリートレースの間に、お子たちは表彰式ごっこ「ほんとうは勝ったのは僕だよ」
DSC_8538
このあたりから小坂父と合田選手の二人旅対決が始まります。素晴らしかったです。
DSC_8550
並走のシケイン越え。
DSC_8558
DSC_8564
DSC_8582
そうだ、撮影ポイントといえばシケイン越え。ようやく日陰にいる場合じゃない。と気を取り直し、しばらくシケインで撮影。
DSC_8611
DSC_8614
DSC_8657
もう、何周もこの二人が離れずバチバチ火花。沿道からは合田選手の健闘に声援が飛びかう。奥さんがお子さんとおられたので、一緒になってマサユキサーンと叫んでしまってすみませんでした。。

(つづく)

広告を非表示にする