読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tannenbaum居眠り日記💤

シロート観戦者による、おもに自転車(おもにシクロクロス)関連のすみっこネタブログです。

初MTB観戦は全日本選手権(クロスカントリー)その2 (U23男子 続きと、エリート男子)

続きです。
DSC_7044

  • 沢田時選手が強くて写真がかっこよく撮れる話をして終わっていましたが。

DSC_7068

  • 女子のこの選手もなぜか目をひく存在でした。ダウンヒルの女王、末政実緒選手だそうです。

DSC_7049

  • 中原選手。

DSC_7075

  • そういえば前田公平選手。トップ争いをするのでは、とお友達に聞いていたのですが。。

DSC_7084

  • 左側、トトロの森っぽい。風景に変化があるのがクロスカントリーのレースの魅力、、なんでしょうか?なお、この日のコースは通常とくらべて「MTB特有のテクニックを見せる区間が少ない」コースだったのだとか。

DSC_7096

  • さて、女子もU23男子もゴールシーンは見ませんでした。エリートのレース前。ブリジストン・アンカーのブース。監督さん外国の方ですね。平野、沢田選手はフランスで活動中でしたっけ。

DSC_7102

  • スタート前。とにかく、お友達だれに予想をきいても「山本幸平」の一文字。じゃない、一点買い。

DSC_7115

DSC_7119

  • テンション高まる

DSC_7130

  • スタートゴール地点から階段を下りたところにBMXコースがあって、その周囲がコースになっていました。先頭3名はもう通過。

DSC_7146

  • 砂煙感を満喫できるひと時。

DSC_7149

  • 荒野って感じがしていいですねー

DSC_7167

  • エリートのレースでは木立の間のセクションに行ってみました。虫よけスプレーぬりぬりして。
  • で、暗いからピントがあった写真なんてとれたもんじゃありません。しかし山本幸平選手、でかい、速い、迫力満点。これは計算してレンズを引きながら撮ったのではなく、突然現れた(ように感じた)山本選手にびっくりして後ずさりしながら撮ったらこうなった(苦笑)

DSC_7185

  • あっ。この人は冬の吉見のドロドロ区間で圧倒的に上手だった人!国井選手。
  • しかし、汗かいてる選手にフラッシュ焚くと光っちゃいますが、これはありなんでしょうか。

DSC_7222

  • 白トビしちゃうし。木立の中の写真は難しい。ダメだ―撮れないと連発していたら、カメラの振り方がぎこちない、とそばにいたお友達にいわれる(苦笑)

DSC_7218

DSC_7254

  • 日向は相当暑い。フィードゾーンで水を受け取って自分にかける選手がたくさんいました。

DSC_7257

  • これはゼリーですかね。。

DSC_7275

  • ピット風景。小坂父もサポートに回る。

DSC_7283

  • レース風景ばかりに目がいっていましたが予想以上に斉藤亮選手が長い間くらいついていたようです。国内のレースを席巻しているらしい。

DSC_7285

  • 平野星矢選手と武井選手。平野選手は沢田時選手とともにフランスで修業中だとか。

DSC_7311

  • 土の壁を背景に選手をひきたたせたいという野望。。←構図ばっかり考えて移動していたような。。

DSC_7328

  • シクロクロッサー、池本選手を炎天下の真夏に見る違和感。冬と表情が違うとお友達たちはしきりに言っていました。

DSC_7336

  • 平野選手は女性に人気だそうです。なるほど。怪我明けとか言ってましたっけ。

DSC_7351

  • 上り区間。選手の表情がばっちり捉えられます。合田選手

DSC_7367

  • 登ってきて、曲がる先をみる視線がかっこいいセクションです←レースより構図ばかり考えている

DSC_7372

  • ブロマイド撮るならここだね!

(けっこうな数の皆さんの写真を撮ってflickrに入れてあります↓)
http://www.flickr.com/photos/firtreezzz/sets/72157634727419042/
DSC_7430

  • 登ってくるとお花区間があるんですよ。ここでもたくさんの写真を撮りました。

DSC_7421

  • いつも心に花を。

DSC_7444

  • 苦しそうな登りの先のお花。

DSC_7462

  • お花と山本幸平選手。実は山本選手があまりにも早く一周してくるので、お喋りに興じていたりすると撮りそびれて後ろの選手のほうが沢山写真撮れました。。。

DSC_7460

  • 黄色の花も入れてみた。

DSC_7489

  • 下に下りたらもう山本選手です。前の写真が3:57、登りを挟んでいるとはいえ、この写真が4:08に撮影されたもので、すぐに戻ってきた感じ。。
  • 山本幸平選手を最初に見たのは、野辺山シクロクロス(第一回)ですが、そのとき初めて見る彼に日本人離れした体格とダイナミックな走りに目を奪われました。その後海外のスペシャライズドチームで世界の第一線に挑戦中。YamamotoKohei.com | You can do it, Oh Yes, I Can do it.←山本幸平選手のブログ

DSC_7528

  • 構図や撮るシチュエーションごとにちゃんとセッティングを変える余裕のない私。。だって久しぶりのレースだし暑かったんだもの(進歩なし)明るいところでシャッタースピードを落として動きのある写真にチャレンジしてもよかった。

DSC_7535

  • で、もうガッツポーズの写真です。おめでとうございます。ものすごく強いです。

DSC_7538

  • 思ったよりも粘ったといわれている斎藤亮選手。Exif情報では山本選手のガッツポーズの約1分後にゴールラインに。

DSC_7540

  • お疲れ様でした。

DSC_7556

  • 可愛い花束をもって平野選手を出迎えるのは、フランスの修行先でお世話になってる方のお嬢さんだそうです。沢田選手と平野選手のための花だそうで、かわいらしいですね。そして、レーススケジュールの関係で、この全日本の当日にフランスにとんぼ返り(1週間だけの滞在っていってたかな?)。。表彰式で沢田選手のお母様とお友達が話していたので、確認しましたがやっぱりその日に日本を離れるとか。。世界を飛び回る(それも日本との往復)のは本当に大変な条件ですね。。

DSC_7564

  • かなり暑かったので、表彰式がヴェロドロームの中というのは観客には有難いものでした。

DSC_7582

  • 色んな意味で大きくなったことを感じさせてくれましたね。Time Waits for No One沢田選手のブログ。このときのレースレポートが出ている。

DSC_7575
DSC_7586

  • 女子レースは与那嶺選手が他チームからチェーンを借りて交換したとのことで、降格処分になり、2位の中込選手がタイトルを獲りました。勝負には勝てなかったけれども、それでも嬉しい優勝、という潔いコメントでした。

DSC_7584

  • そういえばジュニア優勝の横山航太選手。ロードもシクロクロスも何でも強いですね。海外で走っているようですが、冷静的確に自分の置かれた状況をブログに書いていて頼もしい。目指すはシャンゼリゼ!がんばっていただきたいですね。

DSC_7592

  • エリート男子の表彰台。山本、斉藤、小野寺選手の順。今後とも活躍してくださいね!

DSC_7595

  • 表彰式後、立ち話の輪があちこちに。お疲れ様でした!

============
直後、7月27日(土)にVallnordで開催されたワールドカップで、山本幸平選手は23位に入った。シリーズ総合27位。
MTB World Cup Cross Country #4, Eliminator #4 & Downhill #3 - Vallnord 2013: Elite men cross country Results | Cyclingnews.com

広告を非表示にする