tannenbaum居眠り日記💤

シロート観戦者による、おもに自転車(おもにシクロクロス)関連のすみっこネタブログです。

ダッチオーブンでパンづくり


憧れのダッチオーブンは結局買わなかったけど、ダッチオーブンマニア(最近、お子さんの名前入りの手作り品をオーダーした・・出来上がりまで数ヶ月待たされたらしい)の人のを借りて作った。最後、フタの上の火種がたりなかったのかハイジの白パン?風になった。ふっかふかでよく膨れて美味しかったです。

  • まず、お風呂の温度40度くらいにダッチオーブンをほんのり暖め、その中で粉類を混ぜ、こねる。いろんな容器を使わない(洗い物を増やさない)のがキャンプの鉄則ということでしょうか。、。


第一次発酵後:天気のよい屋外での第一次発酵は乾燥さえ防げば楽勝。


第二次発酵後:40度のお風呂の温度に保つように、火の番のお父さんが絶妙の遠火をセッティングしてくれた。


焼き上がり。

鍋の温度(40度および170度)管理に熱心に協力してくれた火の番のお父さんありがとう(炭の火加減や火にかけたりおろしたり奮闘)。美味しかったです。

あと我が家がキャンプ中に作ったのは

  • いも煮(牛脂で具をいため、濃厚な味)
  • ラタトゥイユ農産物販売所でズッキーニ発見)
  • タルト・タタンもどき(フライパンで作る)
  • ほうとう
  • 虹鱒焼き(近所の釣堀で釣ったもの)

など(夫の胃が弱リ気味だったので汁物煮物中心)ダッチオーブン代わりに、我が家はル・クルーゼのココット・ロンドを持参、自然の中で赤い鍋は映えました。

  • 農産物販売所で買ったさつま芋で中一の少年(ボーイスカウト所属)が作ってくれた焼き芋(新聞紙でくるんでぬらした芋をホイルでくるんで弱火の炭の中で焼く)がまるで蜜を浸したみたいに中身がまっ黄色でしっとり、超美味しかった。ベタほめしたので二度目挑戦したら美味しくなかったのでかなり凹んでいた。。彼はこのあと山に篭って焼き芋道を極めるものと思われ(ないない)。
広告を非表示にする