読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tannenbaum居眠り日記💤

シロート観戦者による、おもに自転車(おもにシクロクロス)関連のすみっこネタブログです。

GP Mistral 第3戦(1)試走と泥戦略

GPミストラル第3戦は、晴天に恵まれた。地面はドライかと思いきや、到着直後知り合いの人に聞いたら「1か所低くなってるドロドロのところを回らされて、そこは大変」とのこと。木陰など、うっかり腰を下ろそうものなら、草の下は湿っていて観戦者も油断がならない。
DSC_2468

  • 見に行ってみると、宮澤選手が試走するところだった。彼はジュニア時代、シクロクロス世界選手権に出場している。

DSC_2470

  • 「いやだなーいやだなー」といいつつも難なく乗っていた。
  • 一緒にいたギャラリーは「宮澤さん、思い切っていくなー。自分は担ぎだよー。メカトラになっても交換できないから」
  • マスタークラスのレースをみていても、担いで越える人ばかりのようにみえた。
  • そして、カテ1レース前。一人の男性が泥区間を見下ろして立っていた。「荒野のなんとか」みたいな、西部劇かなにかのBGMが似合いそうな風情。

DSC_2657

  • さまざまな角度から泥の表面を眺める。すこし足で踏みこんで感触も探っていた。

DSC_2659

  • 5,6か所で立ち止まってじいっと見極める姿は、手練れの侍が決闘場所を下見しているとか、ベテランゴルファーが芝目を読んでいるかのようだった。
  • あつかましさを発揮して「どうやって越えるか、決まりました?」と質問すると「・・・」と苦笑され周囲からは「そりゃ、秘密だよ、秘密秘密ー」とはやされるが、「まあ、そのときの流れですね。皆が担いだら自分も担ぐ」という回答いただきました。強引にすみませんでしたカテ1の猪又選手。

DSC_2661

  • この日カテ3からの昇格を狙う浅香選手は「乗ろうと思えば乗って越えられるけど、勝つためにはトラブル回避」ということを言ってたような。

DSC_2788

  • さて、カテ1、2の混走レース。遠目にみえるのは池本、宮澤選手のみが乗車であとの選手は担ぎ。「宮澤さん代車持ってるのかな」「なくても、乗っていってやる、っていう気概なんじゃない?」と話していた。

DSC_2813

  • さて二周目は泥見物しようと私も近くにアプローチ。こんな高見の見物態勢の人もいます。

DSC_2817

  • 先頭の前田公平、合田選手。

DSC_2821

  • 彼らは担ぎました。ほかの選手も1周目担いだ池本選手含めみな担ぎます。担ぐのも足首まで泥に埋まったりとかコース取りとかいろいろ大変。内側がびしょびしょに見えますが、内側の方が固いとかなんとか言ってたような。また外側と内側では距離に大分違いがありますね。

DSC_2849

  • しかし、宮澤選手はあくまで力強く乗ります。嫌だなーって言ってたのは嬉しいなーの間違いじゃなかったんでしょうか(笑)魅せてくれました。みんな大喜び。

DSC_2866

  • その後は阿鼻叫喚。

DSC_2943

  • チャレンジ精神。

DSC_2948

  • そこへやってきたカテ2の国井選手。

DSC_2951

  • ホイールが埋まっても速度が落ちない。

DSC_2949

  • 速くてスムーズです。皆大注目。

DSC_2954

  • カテ1、カテ2含めて一番きれいて早い泥越えでした。拍手喝采を浴びてらっしゃいました。すごい。うまい。パワーがあるからあんなに進めるのかな。

DSC_3012

  • しかし、足首完全に埋まる深さですね。皆さまお疲れ様でした。

DSC_2959

  • 点在するカメラマンが水場に集まる動物狙いのハンターにも見える。

DSC_2966

広告を非表示にする